ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー

<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

重くなってきました

引き続きbuffしかしていません。
a0030061_18583889.jpg

ここのところ、よほど仕事が差し迫った時期でない限り、
一日あたり1~2時間の勉強を自らに課しているので、
buffをしては放置して勉強……という日々です。
a0030061_18585399.jpg

C5になってからは、そこそこのスペックだったはずの私のPCも、
ことあるごとにカクカクとするため、
ちょっと背景のランクを落としてみました、屈辱。

リネをフルスペックで遊ぶためには、
クロニクルごとにPCをいじらねばならないのでしょうか。
課金額よりも、そっちの方が痛いものだと、
ゴダートの屋根の上で考えてみた日のこと。
a0030061_18592236.jpg

[PR]
by TempLicense | 2006-09-29 18:59 | リネージュ2

まったり中

ここのところ、帰宅が遅いこともあり、
妹子の狩場に付いていくだけ付いて行き、buffだけをしていたりします。
a0030061_21312515.jpg

本当にそれだけしかしていないんですよね。
ただ狩場に座っているだけの日々です。

画面前に居ないことも多いのですが、
まれに見知った名前が走り抜けるのを見つけたら狙撃しています。
a0030061_21313673.jpg

たまにアクmobに絡まれては、慌てて反撃しています。
a0030061_21315518.jpg

すっかり週末プレイヤーになりつつありますが、
それでも充実しておりますです。
[PR]
by TempLicense | 2006-09-28 21:32 | リネージュ2

猫を試す

クレリティのアイコンを見ると、
エノキ茸を思い出してしまう仮免許です、コンニチハ。
a0030061_1634522.jpg

今夜はきっとホワイトシチューに違いない。

女王猫までは赤字上等でレベリングをしましたが、
現在では、SS狩りとノンSS狩りを交互に使い分けています。
a0030061_16342071.jpg

猫のSSと本体のSSとの二種類があるのですが、
どちらかだけフルSSというのも、試しています。

なにせ、猫のSSが高いんです。
この消費を無くすだけでも黒字率が大幅にUPします。

カイ猫は足も速く、経験値も多めに入るので好きですが、
狩っただけアデナが確実にたまるというまったり狩りには、
白猫の方がはるかに適していると実感中です。
a0030061_16355638.jpg

リチャージが使えるので、狩場さえ選べば、
本当に完全無休憩で狩り続けられますね。
当初はキャット特有の「うぃうぃ♪」という声が苦手で、
カイ猫ばっかり出していたのですが、最近は、わりと、慣れました。

カイ猫で経験値を稼ぎ、消耗した本体のMPをキャットでまったり回復。
こんな流れをくり返しています。
a0030061_16363421.jpg

また、女王猫による弓ソロ狩りの効果もテストしてみました。
猫buffをして、
a0030061_1636502.jpg

待機。
a0030061_1637879.jpg

なぜ待機かというと、女王猫の攻撃力は貧弱な上に、
戦闘に参加させなければ、
約80分は召喚したままでいられるからだったりします。
a0030061_16372568.jpg

しかし、buff自体の効果は確かにあるのですが、
2分ごとにPTに掛けなおすという猫buffの性質上、
弓の経験値を吸ってしまうことが欠点といえば、欠点。

とはいうものの、鈴の音を響かせつつ待機する女王猫は、
a0030061_1637548.jpg

効率以上の何かを持っているのでありました。

クセになりそう。
[PR]
by TempLicense | 2006-09-27 16:38 | リネージュ2

製作図ハンター

シリエル時代からお気に入りだったFVなんですが、
薄青のmobが増えてきたこともあり、
そろそろ卒業しなければならないようです。
これはザリチェ出現の瞬間。
初めて見ることができました。
a0030061_16412025.jpg

さて、妹子の制作ドワの「かりーな」が36歳になりました。
(カタカナのカリーナはバウハンです)

36歳のアルチザンといえば、クリエイト4です。
金属糸などの素材図が大量に登録可能になるだけでなく、
CグレードのSSやSpSが製作可能になるレベルです。

SSの製作図は手元にあったのですが、SpS関連の図は見当たらず。

ならば出すべしと、バウハンとエルダーでスポツアーへ赴くことに。

手ごろなC武器がなかったので、
Iさんの遺品を使わせていただきました。
a0030061_16421558.jpg

しかし、あまり見ないといいますか、
身内ネタPTにしか行けないような外見ですね。
a0030061_1642097.jpg

細身なエルダーに無骨なハンマー。
思わず対象外のmobだって殴りたくなるというものです。
a0030061_16423423.jpg

バウハンのレベルが微妙に高くなりすぎていることもあり、
スポが光ることもなければドロップもほぼ無く。
a0030061_16424930.jpg

でもなんだかキモチイイぞ、このトンカチ。
a0030061_16425834.jpg

結局、目的のブツはまったく出ませんでした。
a0030061_1643720.jpg


聞けば、そこそこのレア度を誇る製作図だそうですね。
露店なども見つつ、次なる機会を待つこととしましょう。
a0030061_16433130.jpg

[PR]
by TempLicense | 2006-09-26 16:43 | リネージュ2

久しぶりのレイド

久しぶりに撫菜さんのレイドに参加してきました。
私は今も昔もレイドに参加することがほとんどないのですが、
例外が、撫菜さんのレイドだったんですよね。
というわけで、私はこの主催者さんに全幅の信頼を置いていたため、
久しぶりにシリエンエルダーへと職を戻して参戦。

倒したレイドボスは合計で4体。
まずは75クエスト以来となる、ゴルコンダ戦です。

範囲キャンセルと無尽蔵のスタミナを手に入れたと評判でしたので、
軽く緊張しつつレイド開始。

C3でしたら、WIZの集中攻撃によって瞬殺できた相手。
しかし、HPが減らない減らない……。

やがて範囲キャンセル炸裂。
直後、近接で殴っていた方々が範囲攻撃で何人か死亡。
さらにタゲが撥ねてイケメンダンサー死亡。
a0030061_1853288.jpg

死してなお、踊りを切らさないとはダンサーの鑑です。
a0030061_18533347.jpg

これはすごい、いつ誰が死ぬかわかったものじゃない。

と思っていたら、狙い済ましたかのように殴り殺されました。
a0030061_18532347.jpg

共に倒れることで絆を深め合ったふたり。
a0030061_1853439.jpg

a0030061_18564813.jpg

残念ながら、どのボスからも、めぼしいアイテムのドロップは無く、
分配は各種アタッカーさんのSS&SpS代金に、
届くか届かないかといった金額でした。

ですが、また開催されたら参加したいところですね。
欠点は、長時間に渡って行なわれるため、
ちょっとヘルニアが痛くなってしまうことでしょうか。
a0030061_18542436.jpg

次回に期待。
応援しております。



オマケ
a0030061_18563373.jpg
でんでんサンとは、わかりあえそうに、ないかも。
[PR]
by TempLicense | 2006-09-25 18:54 | リネージュ2

染料入れてみました

女王猫も出せるようになったことですし、
狩りでのストレスを低減し、安定性を増すために、
ちょっと染料を入れてみました。
a0030061_1819814.jpg

SSは無いのですが、さらにこのあと、
D+3のC-3の染料も入れています。

肝心の使い心地ですが、実に快適です。
a0030061_18194453.jpg

総額で5M程度の投資が必要ではありましたが、
それだけの価値はありますね。
正確には、投資したのは私ではなく妹子ですが。

Dex上げによる攻撃速度と移動速度のUP。
さらに猫をタンカーにしているので背後からのフォカダマ殴りとの相乗効果で、
クリティカルUPもイイカンジ。
a0030061_18204687.jpg

猫へのヒールのリキャストの速さが狩りでの生命線になることが多いので、
詠唱速度UPは本当に嬉しいですね。
スリープはショートカットからはずしていることもあって、
Intに頼る場面はまずありませんし。

もともと心細いHPがさらに心細くなってしまうため、
Con下げは-3でで止めておこうと思います。
普段はトランスファーペインをオフにしていますしね。

トランスファーペインで思い出しました。
トランスファー「ベ」インという誤植をよく見かけますが、
「痛み」を「転送する」のでペインですよね。

さすがにシノレス(正:シレノス)や、
wizplzなどは見かけなくなってきましたが、
カタカナ語というものは、どうにも勘違いをしてしまいがちです。

最近ですと、公式板でよく見かけて気になるものに、
ゴルゴンタ(正:ゴルコンダ)
ガブリオ(正:カブリオ)
などが75クエストの告知でよく目に飛び込んできます。

ゴルコンダの場合は、愛称がゴンタなので、
その影響があるのかもしれません。

濁点や半濁点は見間違いがよく起こりがちですね。
こんなことを書いている私も、
とあるアイテムの名前を二年ほど勘違いしていたことに、
つい最近、気付いたりしているのですが……。

これって、チャットのみで形成される世界ならではの現象ですよね。
口頭での伝達ならば、その時点で間違いに気付きますし。
そのあたりの構図も、おもしろいな~と感じるのでありました。
[PR]
by TempLicense | 2006-09-21 18:23 | リネージュ2

日曜日と月曜日のこと

C5になって変わったと感じたこと。
シリエルは、しばらくやっていないのでワカリマセンが、
猫使いは、猫がmobと同じ扱いになりました……。
何がいいたいかというと、誰が猫をクリックしても、
mobのようにHP残量が丸見えな上に、
レベルも名前の色で目星がついてしまうんです。

ちょっと、不憫です。

それから、麻痺キュービックの成功率が上がっているような気がします。
a0030061_15325411.jpg

緑ネームのmob相手なら、5割近くは麻痺がかかるような印象です。
ただ、その発動はキュービックだけに気まぐれで、
後半はMPが息切れして沈黙したりしますが。

とはいえ、ちょっと背伸びした狩場などに行く場合には重宝します。
a0030061_15333387.jpg

正直、キュービックまで出すと、
収入はスポイルが入ってギリギリ黒字のレベルです。
それでも、少し無茶な狩りができるのは嬉しいですね。
a0030061_15334274.jpg


セブンサインの最後は凄かったですね。
休日だということもあって、黄昏の祭典場には、
応援に訪れた方々も大量でした。
a0030061_15335886.jpg

このSSに写っているのは、祭典に出場した方々と、
すぐに次のトライが可能になるようにと集まった、
大量のリチャージ部隊との混成軍です。
久しぶりにシリエルとして微力ながら仕事をしました。

そして戻ってくると、大量の傲慢業者が黄昏に……。
a0030061_15342341.jpg

時間ギリギリでもまったく同じ恩恵を受けられるって、
ちょっとシステム的におかしいのかも。



ギランで釣りを見学していました。
a0030061_1534364.jpg

C5になってから釣り人口が増えているようですね。
しかし、あるヒーラーさんがmobを釣り上げて、
かなり必死に逃げ惑っておりました。
その時の私はシリエルでなく猫使いのままだったので、咄嗟に猫を召喚。
a0030061_15345943.jpg
女王猫を間違って出してしまいました。
大人数PTでもなければ、ただ時給が高いだけの猫なんですが……。
せっかくなので、そのまま夕焼け通りに看板娘として設置。
a0030061_1535239.jpg

すると、癒しの波動に引き寄せられる人々が続出。
a0030061_15355041.jpg

女王猫の意外な使い道でございました。



最近のヒット作。
a0030061_15361171.jpg

愛してる邪魔、以来の衝撃でした。
[PR]
by TempLicense | 2006-09-20 15:36 | リネージュ2

土曜日のこと

津軽で私のレベル帯にピッタリなのは冬の迷宮です。
ですがもう、ここは狩場としては辛すぎですね。
混雑しすぎていまして、それだけで私は気疲れしてしまいます。

とはいえ、なんだかbuffもいただけましたし、
a0030061_190714.jpg

比較的、不人気なクモを狩ってみました。
a0030061_1901663.jpg

すぐ近くにゴーレムが沸く場所だったのですが、
そのゴーレムは大人気なんですよね。

私は魔法書に関しては興味がなかったため、
ゴーレムに手を出すつもりは毛頭なかったのですが、
POPするたびに私の近辺に矢や魔法が飛んでくる状況に疲れてしまい、
放浪へと予定を変更。
a0030061_1911130.jpg

迷ったりしつつも、なんとか到着したのがアイスクイーンキャッスル。
a0030061_1912052.jpg

これはまた綺麗な建物ですね。
この中にはアイテムを使ってテレポートするらしく、
到着したところで概観を眺めるだけではあるものの、
一見の価値ありかもしれません。
a0030061_1913471.jpg

その後は、
a0030061_1914717.jpg

いろいろな場所を、
a0030061_191592.jpg

巡ってみたのですが、
a0030061_1921332.jpg

人が多かったり、
a0030061_193638.jpg

景色がよくなかったりで、
a0030061_1932546.jpg

やはりFVが落ち着く体質のようです。
a0030061_1933833.jpg

おかげでティミクランエルダーあたりのmobが落とす魔法書は余りまして、
倉庫の圧迫が限界に達し、店売りを大量にしております。
a0030061_1942058.jpg

少しは需要があると思われるものは、
私の知る限りの最安値でちょこちょこ販売しております。
a0030061_1944815.jpg

a0030061_195418.jpg
どうかよしなに。



オマケ:英雄の記念塔を見ていると、
ギターにかまけている間にPlayNCに取り残された誰かを思い出します。
a0030061_1952178.jpg

[PR]
by TempLicense | 2006-09-19 19:06 | リネージュ2

注意事項

最近、また何かしらのツールへの誘導コメントが頻繁に寄せられるようになってきました。
規約違反ツールの宣伝HPはもちろん、
クリックするだけで感染するキーロガーまでバシバシ張られています。

ここ数日で該当するURLはすべて投稿禁止とさせていただきましたが、
正直なところイタチゴッコなので、
コメントに掲載されているURLをうかつに踏まないという、
自己防衛を心がけていただきますよう、よろしくお願いいたします。



一部のウイルスコメントが匿名で投稿されていることに失笑を禁じえませんでしたが。
意味なさすぎ。
[PR]
by TempLicense | 2006-09-19 11:46 | 雑記

津軽の果てへ

うかつなことをしていると終電を逃してしまいそうなので駆け足です。

津軽の特徴は雪です。
いたるところに雪が降り積もっております。
a0030061_22362042.jpg

村がゴダートの完全使いまわしな津軽村ですが、
城だって完全な使いまわしの津軽城です。
a0030061_22363296.jpg

きっとストーリー的に建築様式が同じになる理由があるに違いありません。

さあ、次はどこへ行こうかと看板を見ると、
どっちに行っても同じ名前の土地のようですね。
a0030061_22364569.jpg

北東へ進路をとると、北の果てには謎の桟橋が。
a0030061_22365825.jpg

大量のオークが埋葬されているという新狩場。
a0030061_2237819.jpg

ここで帰還スクロールがないというアカデミーの方に遭遇。
アカデミー生は血盟名は黄色くなるのだと始めて知りました。
a0030061_22372714.jpg

新レイドボスに、
a0030061_22373843.jpg

どこかで見たような遺跡など、
a0030061_22375716.jpg

さまざまな新狩場を見学してから、
a0030061_2238719.jpg

ドワ村近辺の駅へ。
a0030061_22381910.jpg

スタンドバイミーよろしく線路を走る走る。
丘を駆け上がるとそこは、
a0030061_22383532.jpg

ここではないどこかを目指した線路の残骸がありました。
a0030061_22385217.jpg

ゴダートやルウンが追加された時とは異なり、
津軽はどこを巡っても極端に危険な目に遭うことはありません。
a0030061_22404727.jpg

たまにはmobを殴るその手を止めて、
雪中行軍もするのも、オツなものではないでしょうか。
a0030061_2241185.jpg

[PR]
by TempLicense | 2006-09-15 22:41 | リネージュ2