ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:大航海時代オンライン( 39 )

これこれ、こういうの

こ~ゆ~のが欲しい!!
(アパルタメントって項目です)

リネでも実装して欲しいものですが……無理でしょうネ。
[PR]
by TempLicense | 2006-08-25 16:16 | 大航海時代オンライン

海原が呼んでいる?

こそこそと「大航海時代オンライン」の課金を続けている蒼空ですコンバンハ。

この名前で、このカテゴリで書くのは久しぶり……。
今では、フレンドリストの方がオンラインになることも無くなり、
更新されている日記も稀少になりました。

長所でもあり短所でもありますが、
一ヵ月ごとの大規模アップデートが売りのこの作品。
12月のアップデートの内容が、
ちょっと目を引いたので軽く注目しています。

 12月度のアップデートに関しては,いつもの月例アップデートの枠を越えた比較的大きなものを予定していまして,「初心者Welcomeのクリスマスアップデート」と位置づけて,主に初級から中級のプレイヤーにとってうれしい機能を実装しようと考えています。
 その中でもとくに注目してほしいのは,大海戦がクラス別になることですね。


これはイイですね。
正直、メインが冒険家だった私には敷居が高すぎました。

 12月のクリスマスアップデートでは「大航海時代 Online@モバイル(βサービス中)」(以下,「@モバイル」)にも新機能が追加されます。「@モバイル」は,携帯電話を通じて利用できるサービスですが,現在提供されているメール機能に加え,ゲームに接続していないときでも自動回航ができたり,世界情勢の確認ができるようになります。
 自動回航に関しては,あくまで「ゲーム中で移動したほうが速い」という原則は残しつつ,新たな移動手段として活用してもらえます。
 今までだと,友達との待ち合わせ場所に行くには,ゲームに接続してある程度の時間をかけて集合していたわけです。でも自動回航を活用すれば,前日の寝る前や出先などで自動回航を設定するだけで,次にログインしたときには,待ち合わせ場所に到着しているというわけです。


な、なんと携帯を使った自動航海とは……ッ。
何かと社会人に優しいネトゲだとは思っていましたが、
こんな機能を持ってくるとは思いませんでした。

クロニクル4の前に、少し冒険しても、悪くないかも。
[PR]
by TempLicense | 2005-11-25 23:12 | 大航海時代オンライン

出会いと再会と肉語

カリーナがマンボウを釣りました。
a0030061_15525651.jpg

売らずにペットにしてあります、びちびち。
そんな蒼空ですコンニチハ。

ファクラ氏の助言に従い、
肉語(身体言語)スキル取得のために、
交易レベルをガスガスと上げてきました。
a0030061_15531763.jpg

いやはや、商人ではない私でこの数値……。
それなりの苦労はあるものの、
なんというかビックリしました。

さて、航海をしていて、軽くムカツクのが突風の存在。
二回連続で受けたりすると本当に萎えます。
a0030061_15534356.jpg

それまで横並びで疾走していた船が、
こちらだけ突風で立ち往生している間に、
あれよあれよと先へ進んでしまうのを見るにつけ、
なんとも悲しい思いをする羽目に。

というわけで、突風を受けたらsayで申告してみることに。
a0030061_1554474.jpg

こうすることで、
「ああ、あの船は突風を受けたのだな」
「突風を受けなければそんなに遅い船ではないのだな」
と思ってもらおうという、実にくだらない趣向です。
実際、すぐに飽きました。

以降はさらなる小ネタ。

槍が壊れたのでエストックに武器を換えました。
a0030061_15543529.jpg

個人的には、槍より帯剣のほうが好みです。
ちなみに、ただのエストックではなく、
Cabotineさんが鍛えた攻撃力18の素敵エストックです。
鋳造スキルって素晴らしい。

ところ変わって、リスボンはこの世界で1・2を争う大都市なので、
誰かしらに出会うものなのですが、
昼は夕月先生とバッタリ出会って長話。
a0030061_15553271.jpg

夜は、1年ぶりの再会をしてしまいました。
a0030061_1603346.jpg

a0030061_1654398.jpg

この人は「リネージュ2」のOB時代のクラメンなんですよね。
本当に短い期間だったのですが、
しょっちゅうペアハンしていたために印象深い方でした。

そんな出会いと再会を飲みこみつつ、
肉語を携えた私の冒険は、さらに続くのであります。
a0030061_15564622.jpg

[PR]
by TempLicense | 2005-05-06 15:57 | 大航海時代オンライン
ジェノヴァのクエストは今日も盛況。
ここだけ毎日が大海戦。
そしてその混雑を常にスルーしていく蒼空ですコンニチハ。
a0030061_10353444.jpg

軍人となってからは、
リアルの多忙さもありマッタリと成長中。
ソロでクエストをしたり、
移動のついでに適当な海賊にケンカ売ったりしています。
a0030061_10354824.jpg

さて、イングランドのイベントが19章まで進みまして、
とっくに紅海までの入港許可が下りていたものの、
遠い上に何かと緊張感のある航海を余儀なくされるため、
長らく放置してしまいました。

この日、意を決して大きく南下を開始したのですけど、
いきなり航海のスケジュールを見誤り、
船員を飲まず喰わずで7日ほど航海させました。
a0030061_10361588.jpg

そしてアフリカはPC海賊(PK)が非常に多い!
私は現時点では受けた被害は皆無なのですが、
本当に油断ができません。
恐ろしい恐ろしい。
a0030061_10364326.jpg

さらには海賊を避ける意味もあって、
大きく迂回して南進していたところ、
いつの間にか喜望峰すら超えていたことに気付きます。
近づきたいのですけど、
ケープ周辺もPC海賊がウジャウジャいまして、
補給がで必要ない限りは寄りたくないのです。
a0030061_1037610.jpg

そして、念願の東アフリカへ到達したのですが、
リサーチ不足を露呈してしまいました。
a0030061_10371880.jpg

a0030061_10372981.jpg

何もせずにリスボンへと帰りましたとさ。
なんてこった。
a0030061_10374169.jpg

[PR]
by TempLicense | 2005-04-30 10:39 | 大航海時代オンライン

海もリハビリ

ちょっとだけ海へ。
a0030061_18234655.jpg

ちょっとだけといいつつピラミッドへ。
a0030061_1824355.jpg

クエストですでに発見している私は、
いつでも奥地へ赴くことができるのです、フフ。
a0030061_18241773.jpg

せっかくだからピラミッドの中へ入ってみるぜ。

でも中は狭いんだコレが。
特に何か見つかるわけでもなし。
クエストだとか地図だとか、
高レベル冒険者になれば出るのかもしれませんけどね。
とりあえずくだらないことだけしてきました。
「レッドスネークかもん♪」
a0030061_18243420.jpg

この日は、こちらにグングンと近づくPC海賊さんも発見したりして、
以前に襲われた方だったので、さっさと迂回しました。
私は、イスパニアとポルトガル国籍のPC海賊ばかり遭遇しますし、
見かけるのも圧倒的に多いのですけど、
イングランド国籍のPC海賊って少ないのですかね。
もちろん、他国籍だから襲われるっていうのも、
あるのかもしれませんが。

さて、ナイル河では聞いたことのない魚も釣れます。
モラ効果?
a0030061_18275517.jpg

リスボンでは、おなじみタイツ団が……増えてる……。
a0030061_1828996.jpg

さあ、イースターエッグ求めて少し頑張り……たい!
[PR]
by TempLicense | 2005-04-28 18:28 | 大航海時代オンライン

ここ最近の海

1ヵ月ほど悠々自適に遊んでおりましたが、
またしばらく仕事が激化するため、
プレイのペースが鈍化すると思われる蒼空ですコンニチハ。
最近の流行は、ブリテン島の北を通過することです。
a0030061_16185910.jpg

とりあえず、ここ数日の海での出来事をば。
アフリカの激戦で耐久が130まで減ったキャラックを売り飛ばし、
新たに造船をしてもらいました。
a0030061_16191511.jpg

ついでにダウを衝動買い。
積載量と船員の数が激しく違うため、
あまり賢い乗り換えではありませんが、
向かい風の中を突っ切って進めるので、
とにかく急ぎたい時に使用しています。

海事レベルが上昇したためか、
転職クエストがよく出てくるようになりました。
ふとした思いつきで、
シャウトで野良艦隊を募集してみると、
ふたりの方が軍人への転職を希望して、
TELLを下さいました。
私の他にも海事転職クエストを呼びかける方がいたため、
「じゃあ3人ですがやっちゃいましょう!」
ということで出港。
a0030061_16195140.jpg

おひとりは純粋な商人の方でしたが、
もうおひとりは、明らかに軍人経験者。
この方がいれば、まぁ負けることはないと判断したワケです。

ちなみに商人さんは、PC海賊に襲われてから、
怖くて近寄らなくなったそうです。
わかります、わかりますとも。

以前に参加した海事転職クエストでは、
それこそ本当に作業っぽい艦隊でして、
必要最小限のことしか会話がない艦隊でした。
それが非常に苦痛だった私は、
率先して喋るように心がけてみたり。
a0030061_16202264.jpg

おふたりとも、楽しい方でよかったです。
冒険者として頑張っているとソロ偏重になりがちですから、
こういった出会いが欲しくなってしまうのかも。

町中では、気軽に軽口叩き合う人が多いのですけどね。

話は変わりますが、イベントが進み、
紅海までの入航許可証をGET。
a0030061_1621729.jpg

ただ、あまりにも遠いため、
平日に行く気はしませんねぇ……。
まとまった時間に行くこととします。
あちらはずっと危険海域なため、
神経もすり減らしますしね。

カリーナは釣り師で煮詰まり中。
生物学のクエストをすることがあるのですが、
生物学を持っていない私には、
味気ない文字が見えるだけ。
a0030061_16213652.jpg

シャチとかも見られるらしいですね……。
化石も発見できるそうですし、
いずれは生物学を……と考えております。
それまでは自衛できるだけの力を身につけるべく、
まったり修行していくこととしましょう。
a0030061_1622233.jpg

[PR]
by TempLicense | 2005-04-19 16:22 | 大航海時代オンライン

ざこくせ~

耐久度がめっきり下がり、
各種白兵戦アイテムも底を付いた蒼空「でした」コンニチハ。

引き続きアフリカでPC海賊に追われながら、
さてどうしたものかと悩み、
フィオさんに泣きついたりしていました。
……が、in時間が合わず。
悶々としながら、ふとフレンドリストを見ると、
元軍人でもある「でぃすたんす」氏が、
なにやらアフリカ西岸を南下しているご様子。

これは吉報と思い、
さっそくTELLを飛ばして援軍をお願いしました。

アフリカはデカイ。
メルカトル図法の弊害か?
……などと待ち焦がれた末にルアンダで合流。

艦隊を組んで、さっそく討伐に出動ですよ。
a0030061_16462068.jpg

いざ尋常に勝負。

私はとにかくヘタった船が沈まないように逃げようと、
敵艦隊の少ない方向へと逃げることに。
a0030061_16463220.jpg

戦闘開始から十数秒経過。
唐突に、でぃすたんす氏の咆哮が戦場にとどろきました。

「うはっっwww ZA KO KUSEEEEEE!!!!!!!」

呆然と見つめる私とライザ様。
一瞬で勝利しちゃいました……。
a0030061_16471111.jpg


とにかく、すかさずイベントを進めました。
a0030061_16474639.jpg

PC海賊がウヨウヨいるケープで、
風の旅団のTOPに謁見。
a0030061_16473658.jpg

ロンドンを目指して北上しました。
a0030061_16475841.jpg

いやはや、ありがたし。
[PR]
by TempLicense | 2005-04-15 16:49 | 大航海時代オンライン

失意のルアンダ

ネットワークゲームをハシゴしていると、
かつての仲間とカタチを変えて再会することがあります。
私が「リネージュ2」で最初に所属していた血盟の仲間が、
ちょうど同じサーバーにいたため、
再会を果たすことができました。
a0030061_1633832.jpg

私はゲームごとに名前をコロコロ変えるため、
もしかすると、他にも知り合いが潜伏しているのかも……?

というわけでお試しに、
「Diablo」の「Zara」ですよ~とか、
「PSO」の「Shannon」ですよ~とか、
ブログの片隅で叫んでみる蒼空ですコンニチハ。

まずは、ジェノヴァで解散となってしまった商会を、
ヴェネツィアで再結成しました。
a0030061_1641575.jpg

いずれジェノヴァも追い出されることとなったら、
さらなる逃避行を続けるつもりです。

ヴェネツィアでは夕月先生とチョー長い立ち話。
a0030061_1643290.jpg

その際、ちょっとしたイベントを企画しました。
ものすご~く、こじんまりと実行したいと思います。
たいしたものじゃあ、ありませんケド。

さて、この日はロンドンへ帰還し、
Cabotineさんと製作したりアイテム整理したり。
a0030061_1645776.jpg

……とにかくこのゲームは、
手持ちのアイテム制限が厳しい。
商人はレシピが、冒険者は地図が、軍人は各種道具が。
私は、荷物をCabotineさんに持たせてしまってマス。

その後、私はイングランドイベントを進めようと思い立ち、
南へと船を進めました。
らび子さんことCielazuleさんに、
たんまりと食べ物をいただいていたため、
「まっ、なんとかなるだろう」と軽い気持ちで出航。

今は後悔しています。


ひたすら南へ南へ。
a0030061_1673738.jpg

海賊襲撃を警戒して遠回りで南へ。
a0030061_1675084.jpg

アフリカっぽい夕焼けを見つつさらに南へ。
a0030061_1683100.jpg

そうして辿りついたのがルアンダ。
ただ辿りつけばイイと思っていたのですが、
ルアンダ沖にイベントマークつきの軍艦が……。
a0030061_1684234.jpg

また戦うのですか。

フレデリックは「蹴散らしてやる!」と意気盛んですが、
コイツは戦ってくれません。
ライザ様は頑張ってくれるものの、
いかんせん船が小さすぎ……。

以前にオポルト沖でもイスパニア艦隊とは戦いました。
しかし、今回は敵が一隻増えています。

初戦は、あっという間にライザ様が沈み、
私も命からがら脱出。
a0030061_1692490.jpg

さて、困った。
とはいえ、ロンドンから遥か離れたこの場所まで、
準備を整えて出なおすのもイヤだと思い、
「ええい!ままよ!」
とばかりに再び準備をして特攻しちゃいました。

それにしても敵が強いです。
頼みのライザ様もズタボロにされてしまい、
私も度重なる白兵戦で船員が減りまくり。
a0030061_16102239.jpg

なんとかクリティカルを狙ったり、
横腹にラムで突っ込んだりしたのですが……、
ライザ様2隻のうち1隻が沈んでからは、
なすすべ無くズタボロにされました。
a0030061_16103371.jpg

結果、船員全滅で敗北。
a0030061_16104496.jpg

そして難破。
a0030061_16105724.jpg

所持金は保険で保障されましたが、
当然ながら積荷はすべて失い、
帆や大砲、そして船の耐久もボロボロに。
船員を急ぎ募集したものの、
頑張って上げた練度も忠誠もイチから出なおしですよ。

「この状況じゃどうやっても勝てないな……」

せめて新しく行けるようになった町だけでも見ていこうと、
さらに南下しました。

船長と船員の間に絆がまるで無いため、
ホームシックだのケンカだのが頻発。
a0030061_16112544.jpg

身も心もすさみながら、やっとのことでケープに到着。
……どうやって、イベント進めたらいいのかなぁ。
現在、ケープの桟橋で途方に暮れております。
a0030061_16114138.jpg

[PR]
by TempLicense | 2005-04-14 16:13 | 大航海時代オンライン
ブールと、
a0030061_16302462.jpg

ベーグル。
a0030061_16303525.jpg

ご購入へ最寄りのパン屋さんまで!
[PR]
by TempLicense | 2005-04-13 16:32 | 大航海時代オンライン

ヴェネツィア

先日、カリーナに東地中海の入港許可が降り、
ヴェネツィアへ行くことが可能になりました。
さっそく、揃ってお出かけです。
a0030061_1556304.jpg

ヴェネツィアが最深部となるこのイタリア東部のエリアは、
風が弱い上に特においしいクエストもないらしく、
コアタイムでも人がほとんど集まりません。
a0030061_15574225.jpg

のちのちプレイヤーの母港として実装されるそうですが、
あらかじめ上級者用の国と断られています。
確かに、ここを母港とするのは、
大航海時代としては、おいしくなさそうです。

しかし、ヴェネツィアの魅力は、
そんなものを一蹴して一部プレイヤーを惹きつけています。
入港すると、こんな光景がお出迎えですからね……。
a0030061_15585858.jpg

a0030061_163452.jpg

あいかわらず町並みも素敵。
もうココから動きたくないと考え始めてしまいます。
a0030061_15592920.jpg

結局は海沿いに座って、延々と会話だけしていました。
a0030061_15595051.jpg

ジェノヴァでの商会が強制解散されたら、
とりあえずココで商会を結成したいと思います。
a0030061_16036100.jpg

[PR]
by TempLicense | 2005-04-13 16:02 | 大航海時代オンライン