ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ルフィD&Cショット店

※2004年8月9日 一部改定
初めてルフィアルノさん(以下ルフィさん)を見たのは、
まだオラクルでもなく、エルブンメイジの頃だったと思います。
グルーディオ城村で、
自身の名前を冠した露店を開いていらしたので、
その名前はハッキリと記憶に刻まれました。
露店には「ルフィDショット店」と書かれており、
それを見た私は、
「ルフィアルノって長い名前だから書ききれなかったのかなァ……」
などと、どうでもイイことを考えていたものです。

やがてオラクルへと転職を果たした私は、
ルフィDショット店の常連となりました。
少しずつ、あるときは大量に、SSとSpSを購入。
グルーディオの定位置にお店を出していたので、
たまに見かけない日があると、
うなだれてトボトボと探しまわったり……。


私が仮免許をメインキャラへと昇華させ、
グルーディオへと辿り着いた頃から、
ルフィさんを見かけなくなりました。
おりしも、課金発表前後の時期でしたので、
「まさか引退されてしまったのでは!?」
と、会話もしたことないのに勝手にヤキモキ。
(いかん、これではただのストーカーだ)


そして仮免許がギランへ行くようになると、
ルフィさんと感動の再会です。
(いや、向こうは知らないから)
ルフィさんのお店は、
いつのまにかC-SSとC-SpSがメインの商品へと変わっていました。


ついにシリエンエルダーへと転職した私は、
かねてより決めていたことを実行。
それは、ルフィさんから最初のC-SSとC-SpSを買うことです。
そうして、貯めこんでいたアデナを大量放出し、一気に大量購入。
その結果、重量オーバーで動けなくなり、
見知らぬ人にアイテム移動を手伝ってもらうバカっぷりを発揮……。


ある日、妹子といつものようにペアハンをしていたら、
ハッチリンをドタドタと連れたルフィさんを発見。
クセというものは恐ろしいもので、反射的に辻WW。
「いよっしゃ!」
私は勝手にルフィさんを恩人だと思っているので、
こんなことで少しでも恩返しできるなら本望なのでした、わはは。


そんな経緯を辿ってきたのですが、
昨日、私が猟師の村で受けたクエストをこなすために、
アデン城近くでオークを狩っていました。

正直、ヒーラーのソロはツライものがあり、
攻撃速度向上ポーションを飲み、
オークにウィンドシャックルをかけて斬り合います。
当然ながら休憩の回数も多く、
そしてMP回復の時間も長めです。
数匹のオークを倒してから座りこんでいると、
すぐ近くでウォースミスとおぼしきドワーフ「バベット」さんが狩りをしていました。
条件反射で辻buff。
そしてMP回復を兼ねて夕食を作ろうと、

「購入:MP回復中 リアルは料理中」

と看板を出してAFK。
フライパンやら冷凍餃子を用意してから席に戻ると、
バベットさんに白チャで「w」といわれていました。

「む、思わぬところでウケをとってしまった」

と思ったのですが、悪ノリして、

「購入:ギョーザ製作中」

と書き換えて料理続行。
こんがりと焼けたところで戻り、
時間切れしたであろうbuffを勝手にかけなおします。
するとバベットさんが、

「もう食べたんですか?w」

と話し掛けてきたのと同時に、私は看板を、

「購入:食事中><ノ」

と出してしまい、タイミングのよさにお互い笑います。

そうして餃子をモグモグしていると、
バベットさんも看板を出しました。

「販売:食事中(コンビニ弁当)」

もう少しで口から餃子を発射するところでした。

食事が終了したところで、
AFKであろうバベットさんに最後の辻buff。
buffのためにタゲったときに、
好奇心で血盟名を見てみました。
すると、なんとバベットさんは、
ルフィさんと同じ血盟の方だったというオチです。

そういえば、そうだったような記憶が……と思いましたが、
こんな偶然もあるのだな~と思いつつ、
湖に向かって走ります。

そして走り出して30秒もしないときに、
なんと今度はルフィさん本人と出くわしました。
やっぱり、こんな偶然もあるのだな~と思いつつ、
辻buff決行。そして、さきほどの出来事を思い出し、

「すぐ近くで、バベットさんが食事していますよw」

と話し掛けると、ルフィさんは、
一連の食事ネタを血盟チャットで聞かされていた模様。
ぎゃー恥ずかしい!
と思ったのですが、それがキッカケで、
延々と話し込んでしまいました。
a0030061_18314955.jpg

やがて時間もせまり、
お邪魔虫も出現したので↓
a0030061_18315936.jpg

フレンド登録をしてお別れです。
いろいろとドワーフについて聞くことができて有意義でした、

何はともあれ、これからもよろしくお願いします。
また1人、友達が増えて嬉しい限りです。
[PR]
by TempLicense | 2004-08-02 18:33 | リネージュ2