ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

ゲンとおれ

あまりプレイが進まないため、
ログインしても妹子とちょっと狩りしてダベって眠くなったところで終了。
というわけで、とくに代わり映えの無い日々を送っている仮免許42歳です。

変化が乏しいので、私が愛してやまない方を、
勝手にご紹介しようと思います。

ネットゲームの日記サイトとしては有名ですが、
私が何年にも渡って愛し続けている方がいます。
それが、ここの管理人さま↓
http://home.att.ne.jp/aqua/Agogen/
どのようにしてこの日記サイトへたどり着いたのかは、
もはや覚えておりませんが、
古くは「ディアブロ2」から日記を書き続けていらっしゃいます。
そのスタートダッシュが凄かった。
ログを見る限り、最古の日記は2000年6月19日。
その内容が、こんなの↓

DiabloII発売まで、あと2週間
(中略)
妄想は高まるばかりである


そう、このお方は「ディアブロ2」を買う前から日記を書き始めてしまったのです。

当然ながらゲームの内容を書けるわけもなく。
当初の日記は「妄想日記」と一部で呼ばれるほどの、
暴走したワケのわからないものとなっています。

2000年6月20日(火)
くぅ、DiabloII発売前にこんなページ作っても、
書く情報も、日記のネタもありゃしねぇ・・・・・・・・・・


2000年6月21日(水)
現時点で知っていることをもとに、
Diabloってどんなゲームか想像する大会(地方予選)である


2000年6月25日(日)
そうなんです、おじいちゃんの大切なオープンリールのテープを
投げて遊んでボロボロにしたのはわたくしです
隣の席の松岡くんの教科書をまちがって持って帰ったあげく
次の日、教科書をなくしたと先生にメチャクチャに怒られてる松岡くんを見たため、
返すに返せなくなり線路に捨てたのもわたくしです
宇宙人が牛の内臓ばかり狙って持っていくのもわたくしのせいです
厚底サンダルなどという、ロンドンブーツブームを笑えないもんが
流行ったのもわたくしのせいです
猿岩石が一時的に有名になったあげく、
柔道で食いつなぐまでおちぶれたのもわたくしのせいです
バブルがうかれて、不動産投機に手を出したあげく
倒産の憂き目にあったのもわたくしのせいです
総理に”神の国”という電波系失言させたりしたのもわたくしのせいです
Windows2000がWindows98の後継じゃないことが最近わかったのもわたくしのせいです
あと、あと、地球が1日に1回まわるのもわたくしのせいです
ハレー彗星がやってきて、毒の空気を・・・・・ピーーーー


ついには未プレイのまま小説まで↓

2000年6月27日(火)
コルムは右手のナニと左手のアレの盾を力をこめて振るう
一斉におそいかかってきたナニの大群は、
その手のアレをふるい、時にナニを吹きつけて二人を
餌食にしようと狙っていた
女戦士のアレな槍は、時にナニを、時にアレの技をふるっては
一匹、一匹確実に敵をしとめていく
だがナニは、アレの迷宮に巣食う一番のアレだった
コルムのナニが致命的な一撃を防いでいたが
このままではアレされるのは確定的だった
しかたない、再びコルムは目をつぶり、アレなサインを記し
ナニの神にアレを祈った、成功の確率はアレがナニの穴を通るより低い・・・・・


そして、ソフトの発売日には深夜の秋葉原から、
ソフト購入時の様子を電話で実況中継。
この時点で、私はこの方に惚れておりました。

そのまま、さまざまなネトゲに挑戦を繰り返すあごゲン氏。
そんな氏が、「リネージュ2」へと赴くことになったと日記で知ったとき、
私の「リネージュ2」参戦が決まったといっても過言ではありません。

同サイトであごゲン氏に勝るとも劣らない愉快な日記をつづる、
Mhira氏が「オークは人気ないから軽いよ」といったがために、
オークでプレイ開始をした氏。

2004年2月11日(水)
しかし、この美形惑星においてオークを選ぶ人々が集まっているこのオーク村は
なんだか、まったりとしている

「おれ、また動けないよ兄弟」
「忍耐だ、兄弟」
「なぁ兄弟、スキルってどこで覚えるんだ?」
「おれの鎧買う兄弟はいないか?」

ここオーク村では、こういう会話がスタンダードである


私は、兼ねてよりこの方と同じゲームで遊びたかった。
この方と共に戦ってみたかった。

だが、サーバーがどこだかわからない。
というわけで、気がつけば別サーバーに落ち着いていたりします。

今後も、氏の日記を楽しみにしております。

「肉とおれ」はもう更新されないのですか?
[PR]
by TempLicense | 2004-07-29 16:23 | リネージュ2