ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

あなたの好きな各職のキャラ名を挙げよ

【突然ですが質問です】
★あなたにとって思い出深い各職のキャラ名を挙げてください★
--血盟員でも友達でも村で見かける憧れの人でも構いませんよ?--


100の質問のようなものです。
ネタ不足をごまかすためにも書いてみましょう。
表記統一の関係上、敬称省略なことをお許しください。
あえて妹子のキャラは外しています。

○パラディン
▼該当者なし:ああ、身近にいない……。すでに引退されてしまった方の話ですが、ヘイトオーラ→UD。そして「逃げて!」といわれ皆で逃げたことがあります。そして、その方だけが死亡。まだ祝福帰還のない時代の話です。だからなのか、面識のない方でもタンカー職は尊敬してしまいます。

○ダークアベンジャー
▼たまの:尊敬タンカーさんのひとり。超安心して狩りできるだけでなく、しっかりチャットにも加わってくる素晴らしい方でした。

○テンプルナイト
▼てっちょ:たった一度の狩りをご一緒しただけですが、普通に安心できるタンカーさんとして拝んでおります。

○シリエンナイト
▼アルヴァス:ライトニングストライクというスキルを初めて見せてくれた人。ナイトにエンパワーをねだられたのが初めてだったため、ビックリした記憶があります。

○デストロイヤー
▼ゴルゴグ:サーバーも違えば面識もございませんが、私はこの方を追いかけてこのゲームに来たのです。

○ウォースミス
▼なつ777:正確にはアルチなんですが、最初の血盟の仲間。装備を砕いたり、SSを制作するといったことを教えてくれた人。

○バウンティーハンター
▼ぽろろっか:大型アップデート後に、メモ帳を片手に歩いてスポ実験をしているのは凄いと思いました。

○グラディエイター
▼フィアーユ:グラの方とほとんど狩りをしたことがなかったので、気合を入れつづけるフィアーユさんのインパクトはデカかったのです。

○ウォーロードVer.2
▼SlyFox:初めてのWLのお仲間。今や手のつけられないカリスマブロガーでもあります。当人いわく「女性しか誘いません」とのことで、私は彼と狩りをしたことがなかったりして……(注:本当は単に遭遇率が低いことが原因)。その割に私を見かけると「カリメンさん!!ハァハァ…」とせまってくるので適切な対処法が見つかりません(注:わりと私もハァハァしてます)。

○タイラント
▼ドルバッキー:あちらはご記憶なのか定かではありませんが、クルマ2FでPTを組んだことがあります。オークビームを発射する時の声に驚愕。

○ソードシンガー
▼へなりん:とにかくレベルが高い人という印象。初めて経験するハンターやアースの歌の効果の凄まじさに驚きました。

○ブレードダンサー
▼VoIoV:いわゆるバルタンさん。私に初めてコンセダンスを味合わせてくれた人。

○トレジャーハンター
▼かめもん:有名な方でしたよね。面識はないのですが、私の目の前でものすごい勢いで警備兵を倒し、トレハンの印象を決定づけた人。

○プレインズウォーカー
▼さるお:付き合いは古いのに、狩りをしたのは一回だけ。その一回で回避FAの素晴らしさを体験することができました。それにしても素晴らしい血盟を作られましたね。

○アビスウォーカー
▼神威ガクト:伝説の人。あれだけ猛威を振るっていたはずなのに、なぜか私はPK中の彼に一度も遭遇しませんでしたね。それより遥か昔の話ですが、中華プレイヤーにPTが半壊させられた時、どこからともなくやってきて中華さんを片っ端から殺していったのはインパクト強すぎました。

○ホークアイ
▼該当なし:う~ん、身近にいらっしゃらないのです。

○シルバーレンジャー
▼curia:レンシェラさんと迷いました。なにせcuriaは、私の前では槍を持っていることが多かったもので。

○ファントムレンジャー
▼紅のシュツカ:DVで狩りをしていた時に、非常に紳士な態度で応じてくれたのが印象的。その後も、縁あって仲良くさせていただいておりますが、基本はDV時代の印象と変わらない方ですね。

○ソーサラー
▼カッサンドラ:超ド級の天然ボケが素敵すぎる人。とてつもなく無謀で、ほとんど趣味のように死んでいらっしゃいます。ところがどっこい、狩りを共にするとテクニシャンぶりも発揮。掴めない人です。

○スペルシンガー
▼ファクラ:まだ二次転職前に、彼にアリ穴で拉致されたことで、ある方面の世界が広がりました。

○スペルハウラー
▼クトゥグア:今のようにWIZが溢れていない時代に、孤高のソロを続けている姿が眩しかった。

○ネクロマンサー
▼該当なし:抜きん出て印象的な方が思い浮かばなかったので。

○ウォーロック
▼該当なし:やはり抜きん出て印象的な方が思い浮かばなかったので。

○エレメンタルサマナー
▼リリ・ス:迷うことなくこの人。最古の仲間にして馬使い。

○ファントムサマナー
▼ゾルゲ:気が付くとファントムサマナーになっていた人。リリ・スに感化された?

○プロフィット
▼じぇりん:仮免許と共に育った人。お互いに後衛の人手が足りない時、HELPのWISを送ったりしたものです。

○ウォークライヤー
▼イヴァン:最近お見かけしてない……。エルフ村でキノコを狩っているような頃からのお知り合いで、当時としては珍しいオークbuffを体験させてくれた人。

○オーバーロード
▼該当なし:なかなかお目にかかれず……。

○ビショップ
▼風雪:ヒール好きだからと叫んで一直線にビショップへ到達した人。初めて出会った頃から賑やかな人で、それは引退時までそのままでした。本音トークをかわした時に、キャラが変わるのが面白かった。

○エルダー
▼Belldandy:頼れます。こちらの状況にしっかり気を配って行動できる人なので、大PTではありがたい存在。

○シリエンエルダー
▼altema:レベル差があるためになかなか遊ぶことはありませんが、いろいろ学ばせてもらいました。同職の先駆者として尊敬できるヒーラー。


やはり、たくさんの名前が浮かぶ職業と、
頑張ってもなかなか名前が浮かばない職業とがありますね。

さて、仕事仕事。
[PR]
by TempLicense | 2005-10-14 21:50 | リネージュ2