ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月曜日のことと、いろいろ

ハンタークエストやコインクエストの存在を、
すっかり忘れて日々を生きている仮免許ですコンニチハ。
a0030061_1638165.jpg

ローブの裏地もしっかり染色されていることに気づいた今日この頃です。
a0030061_16385463.jpg

3連休のうち2日は外出してしまったのですが、
1日だけ頑張って狩りをしてみました。
a0030061_16391297.jpg

小粒ですけど、
準レアの蓄積が、将来の大きな財産に……なるに違いない。
a0030061_16392341.jpg
a0030061_1639487.jpg
a0030061_16393529.jpg
a0030061_16442711.jpg
グランカイソもコソコソと育っています。
夕陽の降りそそぐ中で死体からCLD。
a0030061_16401767.jpg

やがて、グラフィックが何やらバグってしまい、
CLDのグラフィックが変化してしまいました。
a0030061_16402759.jpg

平均して20分程度ですが、
たまにウォンバットも育てています。
a0030061_16401791.jpg

経験値がどんどん上昇するため、
このくらいのレベルは面白いのですよね。
ただ、PKが周囲をウヨウヨしていて、
気軽に遊べないのが私にとっては辛いところです。

本場韓国ではnonPvPサーバーが登場するとのこと。
ここ日本でどのような成り行きとなるかはわかりませんが、
仮にnonPvPサーバーが新たに設置され、移動可能だとしたら、
我々は確実に移動することでしょう。

PKシステム自体について議論すると、
出口のない水掛け論になりますから、
言及は避けておきたいと思います。

ただ、PKがプレイスタイルとして認められているように、
フィールドでくつろぎたいという、
我々のプレイスタイルも認められて然るべきと考えられます。

しかし現状、PKerが存在するという事実は、
我々のプレイスタイルを脅かし、
常に神経をすり減らさねばなりません。

プレイスタイルを力で改変させられているのですよね。

そういう意味では、
自分のプレイスタイルを保証される場所があるのなら、
躊躇無く移動したいところです。

もちろん周囲の方々と離れる可能性も生じるとは思いますが、
それはそれ、これはこれ。
自分と、自分の血盟に対して、
もっとも高いプライオリティを持つのは当然です。

閑話休題。

またもセブンサインの競争期間となりました。
月曜日にこんなメッセージと音楽が流れるなんて、
私のような社会の歯車には知りようがありません。
a0030061_16414177.jpg

そして久しぶりにスタック。
脱出不可能な溝なんて、作らないでくださいってば。
GMコールせずにさっさと飛んじゃいましたよ。
a0030061_16413634.jpg

私がスタックしていたところにシャウトが聞こえてきまして、
コロシアムでPvP大会が開催されていることが判明。
会場を見ると、仲間の引退式のようです。
a0030061_16415721.jpg

その時のAAだとか、皆の会話や行動を見ていると、
引退される方が愛されていたのだとよくわかります。
お会いしたことは無い方ですが、おつかれさまでした。
a0030061_16423116.jpg

我々はまだ、この世界を走りたいと思います。
ときどき、立ち止まりながらも、少しずつ、前に。
a0030061_16432627.jpg

[PR]
by TempLicense | 2005-07-19 16:43 | リネージュ2