ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

プチ狩りin悪魔の島

仕事がヒーコラな状態でして、
なかなかゲームができない仮免許ですコンニチハ。

そもそも狩り自体をほとんどしない今の私ですが、
ちょっとした自分的イベントで、
まとまった狩りをしてみることにしました。

なんとか仕事を切り上げて、
約束の時間ピッタリにin。
いきなり、この日の参加者のド真ん中に出現してしまい、
15ほど推薦くらいました。
a0030061_12401640.jpg

薄くなったな~と思うと、
ギランで青に戻されるという、
チョムチョム(謎)のような状態。

さぁ、気を取り直して出発ですよ。
本日の参加者は、
相馬妹子(シルレン)・仮免許(シリエル)・ディーエ(スペシン)・みねるば(バウハン)・Yagen(バウハン)・闇の舞妓(ブレダン)・リチェ(バウハン)・ルフィアルノ(スミス)・ろくまりあ(プロフ)
以上アイウエオ順なフルPTです。
a0030061_1241775.jpg

あえて自前でなく、ろくまりあ先生にキスエヴァをお願いし、
さっそく集団入水。
目的地は悪魔の島です。
a0030061_12412077.jpg

泳ぐのも久しぶりでした。
実は海にいるサメが好きなのですけど、
目の前にいたお強いPTが片付けてしまい残念。
オナカを見せてプカーっと浮く姿がプリチーなのに。
a0030061_12413211.jpg

現場に到着してbuff分担を決め、
FAもTLも、みねるば先生にお願いして狩り開始。
私はといいますと、序盤の30分は、
ショートカットをえっちらおっちら並び替えておりました。
a0030061_1242739.jpg

学習不足がよくないのですけど、
麻痺を使う敵の見極めができなかったこと、
ヒーラーが基本的に私ひとりだけだったこと、
マジックフレイムダガーが戦力としてかなり微妙だったこと、
マウスの挙動が怪しかったことなどがあり、
歩いて、戦う皆を眺めるという、
コバンザメヒーラーとなっておりました、スミマセン。
a0030061_12423850.jpg

殴り参加よりPTとしての利益になるかな?
と判断したからそうしていたのですけどね。
もちろん、このスタイルは情況によりけりなため、
殴る時は殴っておりました。
a0030061_12434783.jpg

でも、もともと好きなのが「殴る<癒す」な私ですから、
情況を冷静に見ているほうが個人的には好み。

そして、この狩場で重要になるのが、
麻痺解除スキル、ピューリファイの存在。
a0030061_12444318.jpg

……なんですけどね。
スリーパーとして熟練しているディーエさんの存在が、
シリエルな私からすると嬉しかったです。
セイトン一家をキッチリと眠らせてくれました。
魔法の使いどころだとかMP管理も非常に素晴らしく、
ヒーラーとしても、リンクカッターとしても、
とてもラクをさせてもらえましたね。
でも水はいりません。
a0030061_12454697.jpg

そして、そんなディーエさんが眠らせた敵を、
渾身の一撃で叩き起こすルフィさんが素敵。
「死にたがりルフィー」健在です。
a0030061_1246431.jpg

buff中に沸いたセイトンの前で踊ってます踊っています。
こうして見ると、セイトンも意外と大きい……。
a0030061_12461917.jpg

さて、悪魔の島で個人的にもっとも怖いのが、
爆発する宝箱の存在です。
貧弱なカラダを持つ後衛(しかもDE)にとって、
一撃死の恐怖さえ沸くイヤーな罠です。
もちろん、すべてが爆発するわけではなく、
ミミックとなって襲い掛かってくる宝箱もあります。
a0030061_12464447.jpg

そしてなぜか、宝箱からは動物の皮がスポれるのですよ。
a0030061_1247451.jpg

いろいろな憶測を呼びましたが、
人を喰ってその皮を持っていたという説に落ち着きました。
この際、ろくまりあ先生のミスタイプはスルーで。
a0030061_12472146.jpg

やがて就寝時間が迫ると、予定していた通り、
最後にザケン様の船へと向かいました。
a0030061_12474031.jpg

この場所から飛び降りて進むのですが、
落下ダメージをくらったところに、
大量のアク敵が群がってきます。
さりげなく危なかったものの、
ディーエ先生の眠り雲で切り抜けられました。
a0030061_12475965.jpg

うん、そう見える見える。
a0030061_12482870.jpg

奥へ奥へと泳ぎ泳ぎ……。
a0030061_12483799.jpg

ついに上陸。
幻想的な光景の中、橋を渡ります。
a0030061_12485526.jpg

なんとかザケン様の船へと到着です。
a0030061_12493984.jpg

時間も合わなかったため、
さすがに入ることはしませんでしたが、
船の上から/targetすることに成功。
a0030061_12495154.jpg


夜も更けてきたため、最後に船の上の敵を掃除しようという話になり、
ろくまりあ先生がbuffを一生懸命にかけていきます。
a0030061_12503613.jpg

その間、何かに憑り付かれたように死体を殴るリチェさん。
a0030061_12505472.jpg

とにもかくにも、お掃除開始。
「ピッカピカに磨きやしたぜ!」
といわんばかりのお掃除。
a0030061_1251894.jpg

船の端っこへいくと、なぜかブラックライトが……。
顔色の悪いDEがさらにヤバイことになってますね。
a0030061_12514177.jpg

ドワッ子もなんだか怖い怖い。
ライトが微妙に下から当たるのですよ。
a0030061_12515424.jpg

そして記念SSを撮影してから帰ることとなりましたが、
最後にろくまりあ先生がマストから落ちて大リンク発生。

「ええい!殴るなら俺を殴れ!」

といわんばかりにヘイトが高そうな行動をとってみたら、
mobが一斉に私を殴り始め、さらに地形で動けなくなりました。
しかも周囲の敵は「ターゲットが見えません」とかいわれる始末。
なんともできないため、
誰かが何とかしてくれるの期待して耐えました。
やがてHPが300まで減ったものの、なんとか生存。
a0030061_12523680.jpg

なんといいますか、自分が敵mobにタゲられて、
誰かがひっぺがしてくれた時って嬉しくないですか?
守られてるな~って実感できるのですよね。
ということで、減り行く自分のHPを見つつ、
心の中で「あ~れ~」とノン気につぶやいております。
(って私だけですか、ソーデスカ)

何はともあれ、最初から最後まで実に愉しく遊べました。
効率編成というものを求めない私ですので、
お座り休憩が必要なぐらいなマッタリ度で、
またどこかで狩りをしたいと思います。
a0030061_12552262.jpg

その時には、またお付き合いくださいませ。
a0030061_12554792.jpg

おまけ:クラハンもいいけど、旗がバラバラなPTって好きです。
[PR]
by TempLicense | 2005-04-25 12:57 | リネージュ2