ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

ふぐさしとストライダー

出社前に書店に立ち寄ったところ、
見知らぬ幼子(推定4歳)に手を握られてしまい、
近くの両親と思しきふたり組に激しく謝罪された仮免許ですコンニチハ。

ニャン子の回線は、先日よりはマシという程度ですが、
とりあえずペアハンならどちらかが残れば大丈夫ということで、
コインクエを進めてきました。
a0030061_17141447.jpg

もちろん何度となく急にニャン子が消え失せましたが、
そのたびに残った敵を斬り捨てて対応です。
a0030061_17143933.jpg

オーラフレアとオーラバーンではグラフィックがやや異なります。
このグラフィックを夕月先生は「ふぐさし」と称していましたが、
まるいお皿に盛り付けられた白身に確かに似ています。
a0030061_1715576.jpg

ソーサラーって力いっぱいに魔法を放ちますよね。
全身を弓なりにして「よ~!よ~!」と連呼する姿は、
なんとなしに、ほほえましくて好きです。


一方、そのころC2体験鯖では……。
なぜか勝手にレベルが上がっていました。
16から19に……SPも増えまくり……。
a0030061_17152125.jpg

クラチャで確認してみたところ、
どうやら全員、問答無用でレベルが上がっている模様。
NCの粋な計らい……というか、
「思ったよりもC2の魅力を体験して広めてくれてる人がいないよ」
という事態を受けての緊急処置な気がしなくもありません。
何かしらのアナウンスをゲーム内でして欲しい気もしますが……。
「すわ!垢ハックか!?」
と驚いてしまいましたよ。

あいかわらず人が少ない体験鯖。
そのせいなのか、鈍足オークが歩いていると、
辻WWをしてくださる方が多いです。
a0030061_1716735.jpg

2時間で3度もWWをもらうなんて、通常鯖ではありえないような。
ついでに、ラットマンファイターで獲得できる、
この経験値とお金を見ていただければ、
どれだけインフラーな世界かご理解いただけるかと思います。

せっかく主催者がレベルを19にしてくれたのだからと、
オークシャーマンへの転職クエストを開始してみました。
しかし、クエストで狩る必要があるグリズリーベアがいない。
C1まではグルーディオ城村近くで多く見かけましたが、
えんえんとアデン中を歩き回るも見つからず。

「クマいませんか~? くま~~」

とヤケクソ気味なシャウトを繰り返しながら右往左往していたところ、
盟主にグルーディオに戻って来いといわれます。

とりあえず戻ってみると、そこには、じぇりんサンの姿。
こちらの世界でもレベル52↑なプロフィになっていました。
a0030061_17163519.jpg

そして、じぇりんサンってばストライダーを持っています。
a0030061_17165133.jpg

お~横乗りですよ横乗り。
高校生カップルの王道の横乗りですよ。
思わず彼女を後ろに乗せた自転車で、
洗車中のBMWに突っ込んだ、
ほろ苦い記憶が呼び起こされましたよ。

それはさておき、じぇりんサンのはからいで、
リチェさんがストライダーに騎乗です。
a0030061_1717878.jpg

おお、カワイイかも……ッ。
このゲームをしていて、初めてドワっ子をカワイイと思った瞬間です。

ドスドスと駆けて行くリチェさんwithストライダー。
a0030061_17173299.jpg

後姿も、また味がありますね。

ついでに私も乗せていただきました。
a0030061_17185344.jpg

しかし、オークがデカすぎてストライダーがかわいそう。
ちなみに騎乗しているキャラが魔法を使うと、
ストライダーが身をよじりながら「ガフガフ!」と唸ります。

そしてストライダーから降りて、
ハッチリンを育成する手間と金額を考えて絶望感に満たされ、
「これで乗るのは最初で最後かな……」と涙した日のこと。
[PR]
by TempLicense | 2004-11-17 17:18 | リネージュ2