ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

ホ●ス抹殺指令

いきなりですが、妹子(カリーナ)撮影の「どわち~ず」です。
a0030061_0175948.jpg

元祖の「どわちあーず」より大規模になっているような……。

というわけで、派手にソバのツユをぶちまけて、
会社の中心で愛を叫んだ仮免許ですコンバンハ。

シミだらけのシャツを上着で隠しながら、
MUJIに着替えを買いに行きました。
なんだろうこの敗北感は。

更新する隙がなかなか見つからずに遅くなってしまいましたが、
日曜日には巨人の洞窟へ狩りに行きました。
メンバーは、以下の通りのフルPTです。
a0030061_0211973.jpg

「日記見てます」といわれるのが苦手なことを知っているのか、
皆していぢめてくれます。
a0030061_0213491.jpg

さてさて現場へGO。
猟師の村から走る走るドワ軍団+耳長×3。
a0030061_0215939.jpg

途中、中日ドワゴンズ(誤植にあらず)の、
試合の行方を気にするルフィさんが、
湖の中で迷子になるアクシデントはありましたが、
つつがなく(?)巨人の洞窟へ突入です。
a0030061_023338.jpg

巨人初体験の方も少なくなかったため、
進軍の途中で歓声が上がることも。
a0030061_0232195.jpg

かくいう私もまだ二回目なこの狩場。
ちょっぴりワクワクしていたのは内緒です。
a0030061_0234578.jpg

本格的な狩りの前に、まずは記念写真。
a0030061_0235982.jpg

うづき先生おすすめのビューティホーな場所での撮影です。
クロニクル1を代表する素敵な1枚となるはずが、
背後に中華PTがいたんですよね。
a0030061_024242.jpg

結局はノーカットで掲載しちゃいました。

気を取り直して狩り開始。。
あやしげな機械に操られたホ……もといオークをタコ殴りです。
a0030061_0244994.jpg

その場にいないのにいじられる●ルス氏。
a0030061_0254536.jpg

うづき先生には、とにかく緑色のすべてがホ●ス氏に見えるようです。
鈍器×5で叩かれて痛そうですネ。

それはさておき、どんどん奥へ。
まだ見ぬ場所へ。
a0030061_0261820.jpg

大人数PTはこれができるから大好きです。
a0030061_0265015.jpg

敵と戦っている最中ですが、
上を向いて歩こう状態な私です。
巨人の趣味はイマイチ理解に苦しみますが、
一同、荘厳な長めに動きが止まることもしばしば。

そして巨人の洞窟の名物、それがビーム。
そのSSを撮影せんがために、
自らのカラダを張ってビームを誘導するルフィさん。
a0030061_027357.jpg

当然ながらこの直後、ビームは後頭部を直撃。
a0030061_0282284.jpg

皆のリクエストに答えてホル●氏もどきにFAするルフィさん。
a0030061_0284273.jpg

心なしかガムリンが嬉しそう。

ちなみにこの時、フルPTに対してヒーラーはふたりだけ。
やや心もとなくはありますが、
私よりもレベルが高いエルダーが相方ということで大助かり。
一部を除いてbuffはすべてやってもらいました。
ヒールも2:1の割合でベルさん(Belldandy)がしてくれます。
a0030061_0292945.jpg

とくに打ち合わせたわけではないのですが、
MP過剰になる前にリチャージやシャックルを要所で決め、
シリエルな私のMPを見つつのサポートをしてくれました。
うま~い。
上手なヒーラーさんと一緒だと超ラクです。
同業者にはわかると思います、この感覚。

話は変わりますが、このSSがお気に入り↓
a0030061_030382.jpg

「バリフのペット」という文字の下にバベットさんがいて、
なんだか「バリフのペット」の略称みたいです。
余談ですが、Coolなバベットさんの一発ギャグ「しゃちほこ」には笑いました……。

あちらこちらで狩りを堪能してから、
PTリコールで帰還です。
a0030061_030412.jpg

かっこいいな~エルダー……。

アデンへと戻り、解散の前に記念撮影。
a0030061_0305920.jpg

渡り鳥の編隊のような並びになったのは偶然です。

解散後、なんとなくその場に残ったいつもの人たち。
a0030061_0312632.jpg

リチェさんは妹子にくっついてます。仲良しさんです。
ルフィさんは私のところに……と思ったら、
「リチャしてw」とのこと。
そんな打算的なところが素敵ヨ。
一生懸命にリチャージをしていると、
リチャージのお礼を、という話になりましたが、
ちょっとアヤシイ雰囲気に……。
a0030061_032377.jpg

その後は、IQの低そうな会話を連発。
a0030061_032248.jpg

実はルフィさんはロボットだったという設定で、
何がどう楽しいのかえんえんと盛り上がる一同。
a0030061_0325326.jpg

やがて時間も時間だということで、重い腰を上げてギランへと戻ることに。
すると、なぜか露店放置で寝たバベットさんの周囲にアデナ。
a0030061_0334168.jpg

本人が撒いたとも思えませんし、
価格は真っ当なものでしたから、
隠れファンが飾り付けたに違いありません。これ、定説。

そしてアデンからギランへと走っていたのですが、
リチェさんったら手ぶらです。
a0030061_03485.jpg

その儚げな様子を見て,
全財産を握り締めてギランへ武器を買いに走った時代を思い出しました。

道中、子ボスのドレッドソルジャークレイベンを発見。
当然ながら討伐することに。
a0030061_0343158.jpg

どうでもイイ話ですが、
誤)クレベイン 正)クレイベン だったのですね。
先日まで思いっきり間違えていました、お恥ずかしい。

討伐自体は余裕で終了。
a0030061_0345539.jpg

しかし、なかなかアイテムを落としてくれないものですね。
この後、ラグで死にそうになったり、
別の子ボスを倒したりしたのですが、
意識が危うかったこともあり、SS撮影していませんでした。

とにかく、皆様おつかれさま&ありがとうございました。
次のツアーも楽しみにしております。
そんな、気がつけば周囲のドワッ子が多くなっていた日のこと。
[PR]
by TempLicense | 2004-10-20 00:35 | リネージュ2