ゴースティン鯖で頑張る、ふたり血盟の日常。書いている人:仮免許――だったのは過去のハナシ。引退済です。(ナイとは思いますが)私にコンタクトをとる必要がある場合は相方までお願いします。


by TempLicense
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カレーライス→馬→フグ

a0030061_19121185.jpg

もはや血盟「モナリザ」のメンバーは、
この手のwisをいただいていない人のほうが少数な気がする仮免許ですコンニチハ。

三ヵ月の課金切れに伴う引退者が続出し、
見るからにギランの人口が減ったように思え、
課金切れ前に調査したであろう、
「最大同時接続人数37000人」という数字に、
作為的な臭いを感じる今日このごろ。

大々的にポスターを貼ったり、
JRの車両をまるまる「リネージュ2」一色で染めたりといった、
新規参加者募集の広告に湯水のように大金をつぎ込むのを見ると、
資本の使いどころを間違っていると感てしまいます。


そのせいか、狩りをする気が起きなかったため、
なんとなしにギランの周囲をぐるりぐるりと徘徊しておりました。
目に入った方には容赦なく辻buffです。
buffの後、すぐに駆け去る私は、
白チャの範囲からもすぐに逃げていってしまいます。
そこで、シャウトや、wisでお礼をくださる方がいらっしゃったりして、
律儀な方って多いのだな~と感慨深くなった次第です。
a0030061_19143695.jpg

なかには、この方のように偶然の再会があったりしまして……。
a0030061_1915270.jpg

この方は、エルフの地下要塞で、
私が初めてPTを組んだときのメンバーでした。
それから、槍を使ってのペアハンをしたこともあります。
例によって、お互いにキャラが替わっていたのですが、
以前のキャラと名前が1文字しか変わらなかったため、
スグに同一人物だとわかりました。

ひととおりMPを使いきってからギランへ戻り、
通路から離れた場所でキャラを放置していると、
いつのまにかルフィさんが横で商売をしていました。
a0030061_19162826.jpg

その後、お喋りをしていたのですが、
私はその会話の合間に夕食の準備をしておりました。
ルフィさんが「何たべるの?」と訊いてきた後の会話がコレ↓
a0030061_1917364.jpg

なんだって日本人はこんなにカレーが好きなのでしょうか。
カレーという単語を耳にしたルフィさんは過剰反応。
そして、周囲もそれに呼応。
a0030061_19182089.jpg

a0030061_19184874.jpg

やがて周囲の胃液分泌を促進しては気の毒(?)だということで、
PTチャットへと場を移しました。
a0030061_19194089.jpg

a0030061_1920591.jpg

a0030061_19202914.jpg

とにかく止まらないカレー談義。
ついにいつもの「ルフィC&Dショット店」という看板がはずされました。
a0030061_192166.jpg

そして私も……。
a0030061_19212728.jpg


やがてカレーが出来上がった私を含め、
皆も食事のために席を外していき、カレー談義終了です。
a0030061_19225039.jpg

約1名を除いて。

その後、ブリヘルをドロップGETしたリリ・ス氏と、
PTを組んで狩りをすることになりました。
エレメンタルサマナーとなったリリ・ス氏とは、初のPTです。
a0030061_1923217.jpg

私がタイトルを戻し忘れているのは、この際、放置してください。

やはりサマナーは珍しいらしく、
普通に狩りをしていても周囲からの視線を感じます。
そして、同じ希少職同士の連帯感があるのか、
リリ・ス氏を見かけたウォーロックさんとエレメンタルサマナーさんから、
唐突にwisが飛んできて親交を深めるという、
熱い友情物語が繰り広げられました。
a0030061_19241671.jpg

ユニコーンを召喚するたびにDクリを消費し、
あげく30%もしくは90%の経験値を吸われてしまうため、
サマナーはPTでは損をしまくる職業です。
しかし、そのあたりを意に介さないリリ・ス氏は、
何度も何度もユニコーンを召喚しておりました。
a0030061_19244827.jpg

私も妹子も、サマナーとのPTは初めてでしたから、
実に刺激的なPTで楽しい限りです。

リリ・ス氏と別れ、アデンへと向かった私と妹子は、
街の広場で血盟「不倶戴天愚連隊」(通称「フグ」)の面々と出くわしました。

すると、盟主の前田さんが声をかけてくださり、
アンヘルの滝へトカゲ狩りに赴くこととなりました。
a0030061_19265291.jpg

明確なバッファー不在のPTでしたが、
「おおッ」と、思わずパクりたくなるような、
ナイスな動きをされるメンバーがいらっしゃいまして、
じっくりじっくり、その動きを観察しては、

「そこで●●……で●●して●●……ディレイの間に●●……」

と動きをトレースしておりました。
勉強勉強でございます。

そんなことをしていたら、
ラグの間にHPが200を切り、
バトルヒールをたらふく浴びておりました、スミマセン。

a0030061_19273434.jpg

さんざん味わってきましたが、
やはり、私ひとりだけMPの回復が遅いです。
エルダー神祇さんがシャックルやスリープを乱発するのを尻目に、
大ピンチの前兆時のみのSpSルーツでお茶にごし。
というか、せん滅速度が十分に速いため、
不要と判断したからっていうのもありますが。
あとはエミナース持ちの妹子のMP消費をカバーしたく、
さして効果の認められないガイダンスなどのbuffは省略。

狩りの途中、血盟「ウロボロス」のミスフィオスさんと遭遇。
a0030061_19283281.jpg

1度だけタゲがそちらとかぶってしまいましたね、ゴメンナサイ。

がっつりとSPを稼げたところで、妹子の矢が尽き、
そのまま猟師の村へとPTリコールです。
飛んだ先で血盟「青竜の宝石箱」のバベットさんの露店を発見。
勝手に記念撮影を慣行です。
a0030061_19291199.jpg

その後、ジョンを10分だけ鍛えてから就寝。
a0030061_19292827.jpg

1日のうちに、3回もPTを組むのは珍しいことでした。
それぞれの狩りで楽しい思いをしたので、
幸運な1日と考えてよいのでしょう。

とにかく、PTに誘ってくださる皆様、ありがとう&おつかれさまでした。

追伸:wisくれたけど都合つかなくてゴメンねファクラはん。
[PR]
by TempLicense | 2004-09-24 19:29 | リネージュ2