「エキサイト公式プラチナブロガー」スタート!

トランスメディア提供アイコン01 最終更新その4:ありがとうございました

これで最後にさせていただきます。
当初はもっともっと短いもののはずでしたが、
アルヒャの日記にインスパイアされて書き始めたところ、
また長文癖が出てしまいました……。

さて、以下に出てくるフレンドリストは、
バウムクーヘンと仮免許の2キャラのものです。
大半はオープンベータ時代の登録になります。
あの頃は、気が合ったらとりあえず登録という時代でした。
対照的に、後半になればなるほど、
フレンド登録をすることは稀でした。

また、実はかなり近しい人なのに、
フレンド登録をしなかったという人も多いですね。
何となく言い出すのも照れ臭いですし、
100人の枠が埋まっているかも?という方には、
遠慮してしまいました。
(以下、思いつくままに書いているので、名前が出てこない=好きではない、などではありません。これ、重要)
a0030061_2042155.jpg

a0030061_20264957.jpg

a0030061_2024245.jpg
a0030061_20243933.jpg

a0030061_20245366.jpg
a0030061_2025394.jpg

「Dark7」は、ベータ時代に何度か遊んでいるのですが、
その後は、逆に縁がありません。
でも狩場や街中で見かけると、
「ああ、まだ遊んでるんだ」
などと嬉しくなる人でしたね。
あちらからは、エルフ女がDE男になっているので、
同一人物だとわからなかったかもしれません。

「なつ777」「まっはぴよ」「イフォーラ」あたりは、
私の最初の血盟仲間です。
右も左もわからなかった時代に、
いろいろと突撃したものでした。

「もかまたり」「ようこちゃん」「シェレナ」。
この辺は、最古の固定PTメンバー。
「もかまたり」=「リリ・ス」でもあります。

「グッドスピード」は、
オーク村からグルーディンにやってきたところを、
私が誘ってペア狩りをした人ですね。
悲嘆の廃墟で必死に狩りをした記憶が。

「ファクラ」は、履歴に書いた通りです。

「ポアラ」はリアル知人で、
彼が居なければゴースティンには来ませんでした。

「甘夏」とはPKに追われているところに出くわすという、
なかなかドラマティックな出会い。
のんびり遊んでる姿に焦がれました。

「風雪」とはウマが合いましたね。
さっさと引退してしまいましたが、印象深い人でした。

「LaVie」……元気にしているなら、いいのですが、消息不明……。

「SlyFox」や「VoIoV」、「curia(略」あたりは説明不要かも。

「U子さん」は、もっと早く知り合っておけばよかったと思う人。
レモンスカッシュのようなイメージ。
スカっと爽快。
古いですね。

「xれしるx」はC2体験サーバーでの出会いが切っ掛け。
細々と今でもつながっている友人のひとり。
「いちごみかん」も同様。

「くろひと」はシリオラ時代からのお付き合い。
「リリ・ス」の盟主だったのが彼なので、ちょくちょくと。

「じぇりん」とは、とにかく縁がありまくりました。
とはいえ、今はどこで何をしているのかは知りません。
それも、ネトゲなのですが。

「へなりん」は常に私の遥か先を行く人というイメージ。
シンガーといえば、この人でした。

「ぽろろっか」……もう大好き。
頑張りすぎる人なので、ちょっと心配でした。

「みねるば」は以前の同盟でお世話になりました。
たまにサシで話し合いもしましたが、
お互いに照れ屋なので、なかなか本音をぶつけられず。

「らぜっち」は、周囲を明るくする才能がある素敵マン。
すっかり私が狩り嫌いになった頃に出会ったのが、悔やまれますね。

「アルヒャ」。
その名前と存在だけは、
それこそアンヘルの滝で狩りをしていた頃から知っていました。
ただ、お互いのリネ人生が交錯することがあるとは予想できず。
2004年から日記を書き続けているゴースティンのプレイヤーで、
私が存じ上げているのは、この人と「もりーな」だけです。

「バベット」。
なんというか、本当にありがとうございました。
いつでも変わらないバベさんの存在は、
私にも相方にも救いでしたね。
そういえば、なぜYagenさんは登録していなかったのだろう。

「イヴァン」。
初めてオークBuffを味わわせてくれた人です。
PT全員にBuffをかける、憧れでした。

「イーナルーファ」は日記が切っ掛けになった知人の典型。
日記先行で、その後にゲーム内でという。

「カッサンドラ」は……もはや何も言うまいって人。
ご本人は自覚があるのか不明ですが、
超が付くほどの天然なところがあり、
何度も私はPC前で椅子からズリ落ちました。
キャラクターの相性が良かったこともあるのでしょうけど、
本当にペアハンでお世話になってきています。
私がこの人に全幅の信頼を置いているように、
こちらにも信頼を寄せてくれることが嬉しかったですね。
明らかにデンジャラスな狩場に突っ込み、
共に死んだり祝帰還したことは数知れず。
――この人とは、ある約束をしていました。
そのため、私が引退を決めた時に、どうにかして、
この約束を守ろうと頑張った時期があります。
しかし、最終的には約束を果たすことができずにGameOver。
それが、引退にあたっての、2番目に大きな心残りです。

「ディーエ」は、ひよこローブの頃に出逢ったものの、
あっという間にとんでもない場所に君臨してしまった人。
とはいえ、腹を割って話せる貴重な友人でした。
うちの相方とも仲が良いです。
やはり、私と相方は好みが似ているのかもしれません。


フレンド登録は、所詮はフレンド登録ですよね。
私はあまり積極的に登録をしてこなかったと思います。
現に、登録していないのに、かなり近しい人もたくさん居ました。
私の中では大切な知人であっても、
なぜか履歴に一度も名前が出てこなかった人もたくさん居ます。
このあたりは、追記しまくるとキリがないので、
諦めておこうと思います。

それに、せっかくのMMOですから、
どこかの山中でバッタリ出くわすとか、
そういった出会い方が好きなんです。
常に居場所を把握されているよりも、どこからか推薦やBuffが、
時にはスタンショットが飛んでくる方が面白いです。

話は変わりますが、このブログを閉じると、
私が日記を書くのはmixiのみになります。
ですが、あちらは、あくまでも中の人の日記に過ぎません。
マイミクもリネとは関係のない方のほうが多いですし、
リネで出逢ったマイミクの方々も、
基本的には引退した人しか登録されていません。

私がネトゲでロールプレイもどきに興じるのには、
幾つか理由があります。

ネトゲのキャラクターの向こう側には、
基本的に生身の人間が居るワケですよね。
それゆえ、どうしたって齟齬が生じることもあります。

そして実際に、ネトゲの中で人間関係のトラブルが発生すると、
これは、かなり精神的ダメージが大きい。

ですので、特にリネにおける後半生に関しては、
私は無口で、ぶっきらぼうだった自覚があります。
なまじ仲良くなりすぎたことで、
ある日を境に決裂してしまうのは、
なんとしても避けたいという気持ちが強すぎました。

加えて、ヘルニアになったり腸をおかしくしたりで、
長時間の狩りをすることが苦痛になってきたこともあります。

狩りのお誘いを断るのは心苦しいので、
「なるべく誘われないように」振舞ってしまいました。

こうして、仮免許という人格と、
中の人との人格の乖離が大きくなっていったと思っています。

少人数ではありますが、切っ掛けがリネで、
リアルでもお会いした方が何人かいらっしゃいます。
彼らがナマの私と接してみて、どのようなギャップを感じたのか、
そのうち聞いてみたいような、聞きたくないような……。


余談のカタマリのようになってしまいましたが、
そろそろ締めを。


JR同盟の皆様へ。

先のことは本当にわからないもので、
自分たちが、この同盟に入るとは考えたこともありませんでした。
同盟BBSで書いたことのくり返しになってしまいますが、
本当に、本当に感謝しております。

ひとり残らずご挨拶しておくべきではありますが、
それこそまとまりきれるとは思えませんので、
パパっと思い付く限りの乱文にて失礼を……。

pupuruさん
いつも謙遜されておりますが、
あなたほどJR同盟の盟主として相応しい人はいません。
なぜなら、同盟メンバー中に、
あなたを好きでない人など居ないのですから。
これは、凄いことです。
私たちを受け入れていただく時や、
同盟縮小の際に掛けていただいた言葉の数々は、
今でも明瞭に思い出すことができます。

やっすーさん
JR同盟の現場監督だと感じておりました。
あなたが居るのと、居ないのとでは、
同盟の空気がまったく違います。
これからも、楽しいリネライフのあらんことを。

田島貴男さん
これからも楽しくカマってください。
もとい、これからもイベント大好きで頑張ってください。
イケメンと呼ばれることに微かな抵抗をしてきましたが、
もう、諦めました。

OverRayさん
なぜかライバル視されたこともありましたが、
私は常に「ヒーラーとしては自分の方が下手」と自覚しておりました。
JRをスリリングな狩場へ、どんどん引っ張っていってください。

オルマフム姉さん
結局、どのキャラがメインなのかよくわかりませんでした!!
チャットひとつとっても掴み所のない方だったのですが、
PTが全滅すると、やけに楽しそうだったのが印象的です。

ラヴァリエルさん
これからもGoingMyWayで。
深夜に、あなたにBuffをするのが好きでした。
そういえば最後まで、
「なんで冷凍みかんなんですか?」と訊けませんでしたよ。
そして、この文章を見ることはないでしょうけど、それでいいと思います。

フィアナさん
「狩りだ狩りだー!」といわんばかりの勢いに、
たびたび圧倒されていました。
目指す道は遠いのかもしれませんが、
実生活ともども、頑張ってください。

Karmaさん
JR同盟に入る前、
私は皆にKarmaさんのような人だと思われていたそうです。
なんという、勘違い。
失礼しました。

ショウケイさん
布団に入ってから寝てください……。

ダイオスさん
ええと……大切にしてあげてください。
たぶん、私も同じ気持ちでしたから。
ご本人にしか意味わからないと思いますが。

てんてこ舞さん
孤高のスペシンってイメージでした。
ドメハンぐらいでしかご一緒しませんでしたが、
こちらのMPに気を使って、
こっそりと秘薬をガブガブとお使いになる優しさが好きでした。

サユゥさん
同じ夜中組みでしたね。
本当はもっと、お誘いしたかったんですよ。
でも言い出す勇気が足りませんでした。

らべんだぁさん
一見まるで違うのですが、
実は私と同じ部分がかなりある方だと感じていました。
照れ屋で、目立つのが苦手で、ひとりが好きで……でも皆が大好きで。
本当にありがとう。

……と、同盟で撮影したDVCのSSを見ながら書いているのですが、
きっと抜けがありそうです。
そういうものなので、どうかご了承ください。

あ、りんころさん。
あなたは皆のアイドルです。
たまーに、そういう気分になったらログインして、
「わし参上!」とブチかましてくださいませ。
謎の写真ブログ楽しみにしております。


――話を戻します。
もともと、引退は、ひっそりと済ませてしまおうと決めていました。
とはいえ、一度も挨拶をしないのでは失礼かと思い、
今を去ること数ヵ月前に、同盟に挨拶だけさせていただいています。

すると、おば様ことOverRayさんが、
なんとその場で礼服を買ってくれました。
(もちろん着用後に返しました)
礼服は実装前から、
「仮免さんと妹子さんは着るべきでしょ」
と何人かの方にいわれていたものだったのですよね。
でも私が特に興味を持っていなかったため、
初めての着用がこのタイミングになってしまいました。
a0030061_2020193.jpg
a0030061_20201049.jpg

当初は恥ずかしくて逃げ回っていたのですが、
最後は諦めてポージング。
そして夜更けまでチャットして過ごしました。
これぞJRスタイル。
a0030061_20204319.jpg


実はアイテム移動の手伝いなどのために、
今も課金は続いているのですよね。
a0030061_20211752.jpg

たまに、キャラクターを放置していることもありますが、
引退と口にしたからには、復帰することは決してありません。
休止と引退という言葉の違いは、私にとっては大きなものなのです。


最後に……直接言えばいい話ではありますが、ふたりの血盟員に。

InLoveAgainさん
必然だとか運命だとかいう言葉がリネにあるのだとすれば、
あなたとの出会いが、それだと思います。
ゲームの中でも外でも、私と相方にとって姉のような人でしたね。
これからも、ふたりして迷惑をかけることもあるでしょうが、
飽きることなくお付き合いくだされば幸いです。

そして、相方――相馬妹子
極論を言えば、アンタラスもバイウムも、
アデナも三次職もどうでもよかった。
妹子と遊べるなら、なんでもよかった。
いつでも、楽しかった。
(あまり書くと後で叱られそうなので以下自重)


以上です。
当初は軽い気持ちで始めたブログでしたが、
こんな駄文でも、楽しんでいただけた人が居たようなので、
会社でコソコソ書き続けて良かったと思っています。

さて、以上を持ちまして、この世界ではお別れです。

これまでにアデンで出逢ったすべての方々と、
楽しかったアデンでの時間に最大限の感謝を。

ありがとうございました。



I exist.
Let's meet in another world.

Thanks a lot.
[PR]

# by TempLicense | 2008-05-09 20:23 | リネージュ2